void chachaki::Blog::main()

私の個人的な考えです。
そういった視点の記事を探したのですが、あまり無かったので書いておこうと思います。



以前は企業が主催するのはセミナー、個人有志が主催するのは勉強会、というのが多かったのですが、最近はその区分けも曖昧になっているように思ったので、ちょっと書いてみました。
 続きを読む

・ UnityでOpenCVを動かしてみよう(主にMac対応) 
 → OpenCVのC#ラッパー「OpenCVSharp」を使う。  shimat/opencvsharp - GitHub 
 → Macの場合はWin系のDLLがないため、 Mac用ビルドを使う http://ux.getuploader.com/aimino 

・ UnityでOpenCVを使う(Windowsアプリ)
・ OpenCVで顔検出した場所にUnityのGameObujectを追従させる 
 →  Webカメラとの連携
 → OpenCVとUnityの座標変換

Unity と OpenCV を組み合わせて現実・仮想双方を加工した AR な世界を Oculus Rift 越しに覗いてみた 
 → 現実映像の線画化

UnityでOpenCVまとめ 
 → OpenCV x Unityの決定版はない模様。
 → (ちゃちゃき私見:Unity Editorで動作確認した後、Asset Storeのもので利用?)

UnityでOpenCVを使う(iOS編) 
UnityとiPhoneとOpenCVでなにかやる
 → Xcodeと連携。



こんな本を今じっくり読んでいて、色々考えながら読んでて進まない。
整理のためにブログに書いてみる。
※なお、以下は書籍を読んでの私の解釈を書いたものであって、書籍の正確な内容は中身を参照いただきたい。

 続きを読む

会社内でも共有している、私の個人的な目標。(たぶん数年は変わらないはず) 

【個人目標】 

大目標(目的):お客さんや利用者にいいと思ってもらえる「いい」製品・サービスをつくりたい。つくる支援をしたい。  
中目標:まだまだ距離がある「デザイン」と「システム」、あるいは「利用者」と「開発者」の橋渡しをやっていきたい。  
   
続きを読む

このページのトップヘ